dTV(ディーティービー)

現在の動画配信サービスは海外企業が主ですが、国内企業で最も有名なのはNTTドコモが経営している【dTV(ディーティービー)】ではないでしょうか。
日本の映画、ドラマなど様々な動画を数多く扱っていて、端末機で動画をダウンロードしたらオフラインでも動画を見ることが出来ます。
近頃ではデータ通信料の制限があるので、前もってダウンロードしておければ通信料を抑えて動画を見ることも出来ます。そして、dTV独自の動画も多数取り揃えています。
そのうえ、月額の金額が安いのも素敵です。

 

dTVの特色について

 

基礎情報

 

dTVとはNTTドコモが供給している動画配信サービスのことです。月額は500円でなんと約12万本もの動画を見ることが出来るのが特徴です。
元々はdビデオというドコモを使用している人が利用できるサービスでしたが、2015年頃からドコモを利用している人以外でも利用することが出来るようになりました。

 

dTVの動画内容

 

動画の数は12万本以上もそろっています。ジャンルは映画、アニメ、ライブ映像の他にカラオケなどもあり、色々なジャンルの動画を楽しむことが出来ます。
有料レンタルも一部分ありますが、見放題の動画のみでもかなりの数があります。

 

dTVの性能

 

アプリから自分の見たい動画を選択してすぐにダウンロードしてしまえば、どんな時もどこででもオフラインで動画を見ることが出来ます。ですが、dTVは2つ以上の端末機で同時に視聴することは出来ませんので気を付けてください。もしも、家族で同時にそれぞれの動画を視聴したい時には別々のアカウントを作成しなければなりません。

 

dTVのセールスポイント

 

月額の利用料が安い

 

大抵の動画配信サービスの月額の料金は1000円前後ですが、dTVはとても安く500円で済んでしまいます。ですが、全部の作品を視聴出来るというわけではなく、見放題の動画だけです。
それ以外の動画はレンタルとして取り扱われ、それぞれ料金が発生します。
キャリア決済等にしていると、知らず知らずのうちにポイントを使用して動画を見てしまうので気を付けましょう。

 

BeeTVを見ることも出来る

 

BeeTVではオリジナルの動画を見ることも出来ます。流行っているドラマなども配信されています。普通の民放放送とは一味異なった動画を見たいという人におすすめの動画サイトになります。

 

ダウンロードの時に画質を選べる

 

ダウンロードする時に画質を選ぶことが出来るので少し便利ですよね。電波の状況によってデータ通信料を抑えることも出来ます。自宅でWi-Fiを利用しているのであれば、それを使い高画質でダウンロードしてしまえば外に出掛けてその場所でも美しい動画を見ることも出来ます。しかも、データ通信料をいちいち確認しなくても大丈夫です。

 

契約情報から視聴を限定

 

dTVですと契約した時の年齢情報からデータを抽出して、R指定作品の動画を見られないようにする能力もあります。ですが、アカウントに対しては対応していないので小さいお子様と同じアカウントを使用している人は気を付けるようにしてください。